切手を保管する時の注意点

日光や湿気などにはご用心

切手に日光が当たると、退色や黄変を起こします。切手に湿気が吸い込まれると、裏糊に悪影響が出たり表側にシミが浮かび上がったりします。汗ばんだ手で直接触ると、裏糊に指紋がクッキリと付くことがあります。微細なゴミやホコリが付着することで、その中に含まれる汚れの成分が切手側に茶色い点状の変色を起こさせます。
日光であれ湿気であれ汚れ物質であれ、何かの物質が切手に加わることで、切手が劣化する危険がありますので、これを遮断する必要があります。ストックブックやシートファイルなどに保管して日光を遮り、梅雨時の湿気の多い時期にはエアコンで除湿するなどの対処も必要となることがあり、切手専用ピンセットで扱うなども必要です。

物理的な力にもご用心

切手が2枚以上つながったもの、例えば縦または横のペア、あるいは4枚ものの田型、さらにもっと大きなブロックやシート、これらは目打ちでつながっていますが、当然ながら目打ち部分は強度が弱いので、傷まないよう慎重に扱う必要があります。目打ちに折り目をつけることなどは、もってのほかの厳禁事項です。
切手の印刷面の摩擦傷や引っ掻き傷にも、注意が必要です。使用済み切手の場合などは、郵送途中で切手に傷が付いていることが多く、この傷をそれ以上にひどくしないよう注意しなければなりません。切手が物理的な力によって損傷することは、鑑賞する時や整理する時の不注意によって起きがちなことで、その取り扱いに慎重さが求められます。